脳梗塞 前兆 症状

スポンサードリンク

何の前触れもなく倒れてしまう脳梗塞、その前兆の頭痛に迫った。

スポンサードリンク

何の前触れもなく突然に脳梗塞で倒れてしまった。

 

そんなことを聞いたことはありませんか?

 

しかし、脳梗塞というのは前兆のある病気です。

 

ただ本人が気が付かないだけなのです。

 

そこで今回はそんな脳梗塞について見て行きましょう。

 

脳梗塞というのは脳へ繋がる血管の一部が詰まり、脳へ行く血液が溜まってしまい、そうするとどうなるかというと脳の一部が壊死して、結果倒れてしまう病気です。

 

当然脳に関わる病気ですので後遺症が残ってしまったり、命を落としてしまうことになるのです。

 

しかしながら脳梗塞は前兆がある病気でもあります。

 

日々を運動と趣味と仕事と食事とをバランスよく生活している方が、脳梗塞で倒れてしまうというのは珍しく、高血圧であったり、加齢をしているのにもかかわらず若い時と同じような運動をして無理をしてしまったり。

 

特に脳の病気で若くして亡くなってしまうアスリートの方というのは、その本人の気質にもよりますが、無理をしている、精神的に無理があるポジションで働き続けているということがあります。

 

メンタルの強さ弱さは関係なく、責任感の強い方、人よりも頑張ってしまう方に多いのです。

 

さて、脳梗塞の前兆としての頭痛は、死んでしまうくらいなのだからさぞかし強い頭痛に襲われるのだろうと思っているアナタ。

 

そういうわけではないのです。

 

能ある鷹は爪を隠す(脳だけに)と言いますが、恐怖というのはじわりじわりとやってくるもの。

 

ホラー映画でじわじわくる恐怖が恐ろしいというのは、人間の体にやがてやってくる病気への本能が刺激されているのかもしれません。

 

長く弱い頭痛が続いている方。

 

頭痛を感じながらも日々不摂生にしている方などは要注意です。

 

また、頭を悩ませてしまうような難問や、仕事のオーバーペースにも注意です。

スポンサードリンク